MINI’s Life(NoOpen,NoLife!)

英国の香りがするクルマとの物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パンツルックジョシ

出入り業者のジョシ
現在26歳
オシャレ命なお年頃
背が高く手足が長く
頭は小学生以下
顔は…平均点


先日イベントで一緒になった時の事
「最近ファッション行き詰まってて
何を着たらいいと思いますか?」

「手足が長いから
何を着てても似合うんちゃう」

「hiroさんは
どんな服装が好きですか?」

「タイトミニのスーツで
インナーはブラウス
ボタン2つ開きくらいで」
と答えた

いつもパンツルックのジョシ
あくまでも一般論のつもりで
その服装を求めたつもりはない
きっと世界中のダンシの99%は
ミニスカ好きなはずだし…

翌日
別のイベント会場で再会すると
ミニスカートを履いている

目があった瞬間
「hiroさんリクエストの
スカート履いてきましたよ〜」
と大きな声で叫んでる

リクエストしたつもりなんて
微塵もない
周りの人が誤解するから
やめてくれ

後輩を連れて来てるから
ボクをダシに
人気者をよそおいたいのか?


数時間後
バックヤードで
PC作業していると
背後から近づいてきて
ボクの背中をツンと押して
意味ありげな表情で去っていく

また後輩へのアピールか?
小悪魔なら遊んでやるけど
残念ながらタイプじゃない

可愛い子なら
喜んで相手をするのに…
どうやって懲らしめてやろう
なんて考えるボクは
ココロが狭いのでしょうか

スポンサーサイト
残念 | コメント:0 | トラックバック:0 |

CPAP

それはもう
何年も、何十年も言われてきたこと
「寝てる時に突然イビキ止まってるで」

睡眠時無呼吸症候群ってやつですね

最近停止時間が長くなってきたということで
娘から「病院行ったほうがいいよ」
という教育的指導

嫁に言われても行かないけど
娘に言われちゃあ仕方ない

検査は自宅で
手首に測定器をつけて
指先に血中酸素濃度を調べるセンサーと
鼻にチューブを装着して行う

2日間の測定を終え
病院で解析してもらうと
1回の最大呼吸停止時間が145秒って
2分以上息をしていないらしい

さらに1回の呼吸停止は145秒だけど
ひと呼吸したあとまた呼吸停止して
低酸素状態の時間が192秒にもなってるとか

「重症です
目覚めが悪くなってませんか?」

寝付きと寝起きは自慢レベル
目が覚めた途端に飛び起きて
ジョギングできそうなぐらいと答えると

「そうとう頑丈な体ですね
では記憶力は鈍ってませんか?」

それはあるかも

「脳に酸素が行かないと
脳細胞が死んで
認知症に進行する恐れがありますよ」

それは困る
死ぬ直前まで頭も体も元気でいたい

という訳で
これからマスクをつけて寝るという
治療が始まります

今が低酸素で
脳のポテンシャルを使い切れてないとすると
治療しだすと天才になるかもしれないなぁ

残念 | コメント:2 | トラックバック:0 |

魔の季節

某百貨店で大型イベント
連日の出席に
体力的にも精神的にも
疲労がピーク

数日前から
鼻水ズルズル
イベントが終了したら
病院に行ってオクスリもらおう
そう考えていたケド
連日の披露に悪化の一途

会期の後半はマスクマン
相談に来たお客さんとの会話が
10分を超えると声もでない

アカンもう無理

早起きして
名神から京都縦貫道を
全力疾走すること30分
FullSizeRender (2)

今年はステロイドから卒業しようと思ってたのに
やっぱりアサワ医院のお世話になりました

花粉ピーク時はマッスグ駐車するのも困難だったみたい
FullSizeRender (1)
軽自動車枠にナナメに収まるって・・・
やはりMINIは偉大です

残念 | コメント:2 | トラックバック:0 |

修理代

かれこれ4年以上使ってる

お気に入りのカバン



内装の布張り部分が汚れてきて

ずーっと気になっていた



カバン修理屋さんや

革のクリーニング屋さんなど

イロイロ問い合わせてみたけど

直せる業者が見つからない



直せないと言われると

コッチも意地になってくる



最後の手段で

メーカーに問い合わせたところ

「送ってもらえれば修理可能か判断できますよ」

との返事



送った翌日に修理見積もりの電話が入った

「クリーニング的な処理は不可能です」

オーマイガッ!

「いったんバラして張替えならできますよ」

オーワンダホー!

「料金が少し高くつくのですが・・・」

ハウメニーマニー?

「21,600円です」

ムムム・・・




残念 | コメント:2 | トラックバック:0 |

腸のレントゲン

胃のレントゲンなら何度も経験済
バリウムと発泡剤飲んで

動くベッドの上で
あっち向いてこっち向いて
逆さになって・・・

ゲップは我慢してねみたいな


今回は初の腸レントゲン

胃の流れから想像してみて


壮絶です

開始早々に吐き気がして
「泣き」いれましたが
無情なレントゲン技師により
淡々と続行

今までの人生の中で
一番苦しい体験だったかも


最悪の試練を乗り越えて
一時間後に結果発表

「大きなポリープが二つ見つかりました
一番早い手術日は・・・」

なんだ今日切るんじゃないの

術後4日間は旅行できません
もしもに備えて
いつでも来院できる範囲での移動制限




もしもって?

軽い気持ちでいたのに
どんどん大げさな話になっていく

渡された冊子には
「大腸ポリープは外見からは
良性・悪性の判断がつかず」

「直径1センチ以上のポリープの
3割が癌であり・・・」

なんだか物騒なキーワードが続く

そんなわけで
本日
いまから
オペなのです
(*^_^*)




残念 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。