FC2ブログ

MINI’s Life(NoOpen,NoLife!)

英国の香りがするクルマとの物語

クリスマスの恋人たち

今年のカレンダーってスゴイね
イブイブ・イブ・クリスマスの3連休
まるで恋人たちのためにあるようなカレンダー

恋人なしの倦怠期夫としては
「ふーん」って感じで傍観しておりますが・・・

で、イブイブの夜も
淋しい男たちの忘年会だったりするわけです

しかしそこはそれ
自称ロマンチストのアタシですから
忘年会の前に、「ちょっと中之島」ってな感じで
イルミネーションを見に行ったりするワケですよ

これ休日に行くもんじゃないですね
スゲー人で、動けない、見えない、楽しくないの3拍子
もうここはスイッチ入れ替えて人間観察なんかしちゃいます

周りの見えていないバカップルや、バカオヤジ発見!
それぞれのチャピオン紹介


バカップル部門優勝者

ハートの電飾はカップルの記念撮影で長蛇の列
列の次の人に「シャッターお願いします」って順送りに持ちつ持たれつ
カメラマンが気の利く人なら「もう一枚いっときましょう」って
背景全体と表情の出るアップ写真を撮ってあげる
で、撮ってもらった人は、さっさとその場を離れて
次の人のためにフレームアウトしてから画像チェック

コレが普通だと思うのよね
IMG_0044.jpg

↑ところがこのバカップルさん
ハートの前でカメラを受け取り、その場で画像チェック
さらに注文して「もう一枚」「もう一枚」って繰り返してた

順番待ちしてる人もカメラマンもチョッピリ不満げ
なぜみんなのイライラに気づかないんだろう?


バカオヤジ部門優勝者

スノーマンの電飾が並ぶ真ん中に子供を抱えて座り込み
子供を前に向かせようとしているバカオヤジ
「ほらカメラの方向いて」って向くはずないじゃん
後ろの電飾の方が興味あるんだもん
渋滞で列が動かないから、しばらく見てたけど
ずっと真ん中に座り込んだまま

他の家族連れも子供の写真を撮りたそうなんだけど
どう写してもバカオヤジがフレームイン
大人しく待ってる人、諦めて立ち去る人 
うーん残念


さらに歩いていると
初デートなのか距離感のあるカップルに
「シャッターお願いします」って頼まれた。

オブジェを挟んで離れて立つ二人

ボクってサービス精神旺盛なカメラマンだから
「もっと引っ付いて」「ほらカレシ、彼女の肩に手を回して」
「ハイ!人生最大の笑顔チョーダイ」とか
カメラマンサイドからイッパイ注文付けて
笑顔になったところでパシャリ
自然な笑顔が撮れたはず

さらには「全景」「上半身」
カタヒザついての「アップライト写真」と大サービス
「チェックしてね」とカメラを返して立ち去ると
背後から
「メッチャいい写真!アリガトーゴザイマス」の大きな声
笑顔で手を振りながら立ち去るボク

ボクってなんてイイ人なんだろう
(神様、こんなボクにご褒美ください)

あの二人の距離感はグっと近づいたはず
もしかしたら初チューしちゃうとか ・・・キャッ恥ずかし

肩を抱かせてあげたんだから感謝しなよ

スポンサーサイト



楽しい | コメント:12 | トラックバック:0 |
| ホーム |