MINI’s Life(NoOpen,NoLife!)

英国の香りがするクルマとの物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

辿れない記憶

解体前の実家へ行くことシバシバ


なんだか懐かしくなって
駅までの道や学校への通学路を
通ってみたくなった

クルマでのアプローチは南からだけど
都計道路が完成し様変わりしている

タバコ屋のあった角を曲がり
金魚屋の前を通り
大地主のお屋敷の長い塀を過ぎると実家だった

今はタバコ屋も金魚屋も道路になってしまい
進入路の目印が無い
いきなり大地主屋敷横の青空駐車場
ボクのビートルもここに停めていた

変わりすぎた風景に訪れるたび戸惑う


MGで実家を出発
駅は北東方向
古い町並みなんで道が狭い
クルマでは通らない道だから
ここを通るのは25年ぶりくらい

ジグソーパズルのピースを合わせるようにして
とぎれとぎれの記憶を繋ぎ合わせる

パン屋のあったT字路を右折
帽子屋の前を過ぎ、銭湯の前を通る
パン屋は住宅になり帽子屋は廃業し
銭湯はマンションに変わってる

春に桜がきれいな風情ある旧宅も
駐車場になっている

駅まで半分くらいの場所で幅員狭小
迂回して先へと進む
散髪屋は残ってた、ちょっと嬉しい

線路に沿って駅へと向かう
高架化工事中で柱脚が立っている

駅の歩行者用アンダーパスをくぐると
自転車で通っていた高校への道

クルマは侵入不可なので迂回

駅と学校との中間あたりで
MGを降りる

先ほどの歩行者アンダーパスへと歩く

かすかな記憶では
駅東商店街を通り抜け
線路沿い常緑樹の茂る遊歩道を走り
大きな交差点を超えると
旧家や神社のある古い道

今振り返ると
高校生のチョイスとしては
そうとう気の利いた道だ

駅東の商店街は
高架化工事で立ち退きになるらしく
アーケードが撤去され
ところどころ空き地に変わっている
グリーンのネットフェンスじゃなく
工事用みたいなオレンジのバリケードで
囲われてる土地が多い
施工時期が近いから仮設囲いなのか

この道を歩くのなんてほぼ30年ぶり
景色の変化と薄れる記憶の相乗効果
どの建物を見ても懐かしさがこみあげてこない
知らない街を歩いているような味気ない感覚

唯一、実家に出入りしてた酒屋さん発見
サザエさんのサンペイさんみたいに
御用聞きに来てくれてた店だ

線路沿いの遊歩道も
法面改修と一部RC化で様変わりし
記憶を辿ることが出来ない

ここから先はMGで辿ってみた
ダメだ全然思い出せない
通ってた道も分からなければ
学校のヘイはフェンスに変わり
雰囲気が変わっている


次回は自転車で来てみようか




スポンサーサイト
残念 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。