FC2ブログ

MINI’s Life(NoOpen,NoLife!)

英国の香りがするクルマとの物語

自由な発想で

打ち合わせ後の食事は
ボクのリクエストでお好み焼き

「お好み焼きが丸いものと誰が決めたんだ
いや誰も決めていないはずだ
皆が勝手に丸いものと思い込んでいるだけだ
四角くたっていいじゃないか」

「固定観念にとらわれるな
クリエイターたる者
そんなことでどうする
世間の常識を覆すんだ」 って
演技かかったオフザケをしながら
自分用に四角いブタ玉を焼いていた


「上手に焼けないから焼いて」
押し付けられたミックス焼きには
「ハート型でお願いします」
のリクエスト

焼きだすと面白くて
一生懸命にカタチを整える
2度のターンでも形は崩れず
完璧にフィニッシュ

自分で言うのもなんだが
見事なハート型ミックス焼きが出来た
このまま登録商標とって売り出そうか
と思うほどキレイなハート型だ

「ソースくらい自分で塗れるやろ」
ハートの向きを変えて手元へ押してやる

「最後まで面倒みてくれたらいいのに」
文句を言いながらソースを塗り始める
一面のオタフクブラウン
マヨネーズで一回り小さいハートを描き
中央に「LOVE」の文字 


お好み焼き01

「おぉ上手にできたやん」
「でしょ、めっちゃ自慢したいもん」
こういう時のカワイイ子さんは無邪気でカワイイ

そこへ厨房で焼いた塩焼きそばを持って
アルバイト店員さん登場

「塩やきそばおまたせしました
わっスゴイ!上手!」

「でしょ、いまプロポーズされてん」

「えっ?」

「キャーすごい!
おめでとうございます
お幸せになってくださいね」

ボクが反論する暇もなく
勝手に納得して
満面の笑みで去って行った

いくら大阪でも
お好み焼きで
プロポーズするヤツなんて
いるはずないじゃん
ウソって判れよ

すぐさま
違う女の子が
オヒヤの注ぎ足しを装って
入れ替わりで覗きに来る

「わぁカワイイ」
「でしょ でしょ」


「ホンマやメッチャいい⤴」
「いいでしょ~もっと褒めて~」


「ワタシも彼氏欲しいわ」
「素敵なヒトと出会えるとイイね」

覗いては口々に勝手なことを言ってくる
 この店には何人アルバイトがいるんだ
しかもワザワザ相槌うって
リアリティ高めてんじゃねえよ

こういう時
平気でウソをつくコイツは
地獄へ落ちてしまえと思う

「いつも出してもらってるから
今日は払います」

レシートを握りしめ
先にレジへ行くジョシ 

支払しながらレジの女の子と盛り上がってる
「サービスしますからまた来てくださいね」

完全に反論する機会をうばれた
店の外で待つボクの笑顔は
ひきつっていたハズ

もうこの店には行けないな

スポンサーサイト



煩悩 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |