MINI’s Life(NoOpen,NoLife!)

英国の香りがするクルマとの物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

貴重な休日に

門真の運転免許センターへ行ってきました
朝9時に受付開始なのに
8時半に着いてしまう
この時点で受付カウンターには
20人ほどの行列

受付して印紙購入して本受付
短期免停の受講料は13200円なり

10時になって講師登場
一日分の注意事項を聞いたら
最初は「適性検査」

「聞き逃したりつまったら
飛ばして先に進んでください
一通り読み上げた後で
挙手いただければ
もう一度問題を読み上げますので」
事前説明を終えて開始

「前方に遅い車がいるとイライラする」
みたいな設問が40問
考えずに直感で答えさせるために
講師はノンストップで設問を読み上げる

あっと言う間に終了して
「もう一度聞きたい問題がある人」

最高齢とおぼしきおじいちゃんが手を上げる
「12番からお願いします」
12番以降ぜんぶ空欄だったみたい
性格診断なのに
反射速度診断になってしまったゾ
免許証返納をお勧めします

次は実車に乗り
運転のクセをチェック
今後の運転に生かしましょうって趣旨

ボクの運転はウインカーを出すのが遅い
ハンドルを切るのと同時にチカチカ
自分でも自覚があるんで
早めに出そうと思ってたんだけど
MGとMINIで左ウインカー歴約10年
日本車に乗ると
「え~っとウインカーどっちだっけ?」で
ワンテンポ遅れてしまう

案の定
「方向指示器を出すのが遅い」の指摘

他には動体視力の測定や
シュミレーターなど
盛りだくさんの内容

前日、前々日にほとんど寝ていないボク
反応速度を調べるテスト中にウトウト
結果
「反応速度にムラあり」

そんな適性検査を追えて
最後はテスト

昔の免停講習って
出席さえすれば30日短縮だったのに
今ではテストの成績で短縮日数が変わるらしい

講習会場にシゴトを持ち込んで
出席こそしているけど
全く話を聞いていないヤカラが増えたからだとか

睡魔と闘いながらも
試験には無事合格
DSC_0606.jpg

免停は一日で終了となりました

メデタシメデタシ

スポンサーサイト
残念 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。