MINI’s Life(NoOpen,NoLife!)

英国の香りがするクルマとの物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

腸のレントゲン

胃のレントゲンなら何度も経験済
バリウムと発泡剤飲んで

動くベッドの上で
あっち向いてこっち向いて
逆さになって・・・

ゲップは我慢してねみたいな


今回は初の腸レントゲン

胃の流れから想像してみて


壮絶です

開始早々に吐き気がして
「泣き」いれましたが
無情なレントゲン技師により
淡々と続行

今までの人生の中で
一番苦しい体験だったかも


最悪の試練を乗り越えて
一時間後に結果発表

「大きなポリープが二つ見つかりました
一番早い手術日は・・・」

なんだ今日切るんじゃないの

術後4日間は旅行できません
もしもに備えて
いつでも来院できる範囲での移動制限




もしもって?

軽い気持ちでいたのに
どんどん大げさな話になっていく

渡された冊子には
「大腸ポリープは外見からは
良性・悪性の判断がつかず」

「直径1センチ以上のポリープの
3割が癌であり・・・」

なんだか物騒なキーワードが続く

そんなわけで
本日
いまから
オペなのです
(*^_^*)




スポンサーサイト
残念 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。