MINI’s Life(NoOpen,NoLife!)

英国の香りがするクルマとの物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

再検査

検査の受付を済ませ
検査服に着替えさせられる

待合で待たされる間にも
容赦ない下剤の効果

何度もトイレに行き
体の中が浄化されていく

やがて名前を呼ばれ処置室へ
ジンセイ初の腸内カメラ

横向けに寝かされた目の前には
自分の腸内をモニターする画面

初めて見る自分のカラダの中は
結構面白い

と、マッシュルームのような出っ張り発見
カメラは何度も進んだり戻ったり
入念に観察してる

一通りの観察が終わり
カメラは一気に後退して終了

カメラの先にハサミがあって
切ってくれるものだと思ってたけど
なんの処置もなく
結構イージー

切るほどのことでもないってこと?

安心させておいて
実はここからが本番
ホントの試練の始まりです
スポンサーサイト

残念 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<腸のレントゲン | ホーム | ニンゲンドック>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。