MINI’s Life(NoOpen,NoLife!)

英国の香りがするクルマとの物語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シンクロ率

MINIが我が家に来て
2年経ちました

パワステポンプ
ファンモーター
アッパーマウント
バルブボディ…
現代自動車の常で
故障箇所はアッセン交換

弱点と言われる部分を
次々にパーツ交換して
乗り始めの頃より
調子が良くなってきた

2年間という時間と
4万キロの走行距離
濃密な時間を過ごした結果か

アクセルに反応して
エンジンが回り
ハンドル操作に対して
曲がるというよりも
ボクのココロとMINIの動きが
直結している感じかする

「加速しよう」と思うと同時に
ビュンと加速してて
「左へ」と思うと
ロールもせずクンっと
思った方向を向いている

オンザレールとか
ゴーカートとか
それだけじゃ足りない

ボクとMINIのココロは溶け合い
1つになったみたい

ジャジャ馬だと思ってたのに
こんなに従順だとは意外だ

MGは
気まぐれな彼女で
機嫌が悪かったり
スネてみたりしてた
そしてそれがかわいくて愛した

MINIは
すごく気の合う悪ガキ仲間かな
言葉を交わさなくても
ボクのしたい事を察知して
イタズラがどんどん
エスカレートしていくみたいな

上手く表現できないけど
ニュアンスは伝わるかな

シンクロ率100パーセントです
そろそろ車検の手配をしなくちゃ
スポンサーサイト

MINIのコト | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シートリペア | ホーム | 夏モード>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。